平成24年2月7日 火曜日

AM送信機作成開始

Filed under: 電子工作, 秋葉散策 — とめくぎ @ 19:19:07

ということで、こちらのサイトを参考に送信機を作ってみよう!と言うことに。

DDSで可変に自分もしたいところですが、DDSのチップがdigikeyくらいでしか手に入らないので、金銭的にキツイ今は
ちょっと見送りし、周波数固定版のVer3を作りたいと思います。
タダ単にそのまま作っても先駆者に申し訳がないので、自分なりに工夫をしたいと思います。
各回路セクションごとに基板を分割し、DDS搭載版などに部品や回路を転用できるように目指します。

ありがたいことに上記の作者様がこちらで製作の勘所を述べて下さってます。
よると、パイロット信号の精度が受信機によっては結構シビアで、送る音声ソースがパイロット信号に被ると
受信機でパイロット信号の検出が出来なくなり、ステレオ分離がパタ付くと言う。

ふむふむそのため、Ver4以降では音声入力にフィルタを入れてパイロット信号に被る帯域の周波数をカットしているんですね。
また、信号のふらつきをなくすため、CR発振からPICマイコンを使った信号源に変更しているんですねぇ。

というわけで、送信部分は周波数固定のVer3を参考に、それ以外は4.1を参考に作ることにしました。
電源はDCDCコンバータ使ってノイズに悩むなら、トランスとシリーズ電源で正負電源を作ろうと思います。
多少送信機に重量があったほうが本格的っぽく感じるでしょうし。
PICで実現している部分は開発環境の都合でAVRに置き換えできないか検討中。

L-Rの差信号の歪については今回は特に対策しないことにします。測定器無いし。
74HC4053についてですが、東芝製は鬼門との事で、オンセミコンダクタ(旧モトローラ)を薦めておいでです。
昨日買いに行ったら鈴商お休みだったので、秋葉で半導体を扱っている店を一通り回ったのですが、オンセミはねーよとあしらわれてしまいました。
だよねー。普通東芝だよねー。
昔は日立と二分してましたが、日立が汎用ロジックやめちゃったので、あの角が丸いツルんとしたかわいらしいパッケージをお目に掛かれなくなってしまいました。

まあ、先駆者の後を追いかけてもアレなので、東芝とオンセミ以外の74HC4053を探そう!と天性のへそ曲がりっぷりを発揮です。
色々巡りましたが、東芝以外に74HC4053を扱う店舗は無く、たまたま立ち寄った広瀬にNXPのHEF4053が有りました。
レールと箱が無造作にジャンクコーナに置かれ、千円弱のお値段が貼ってありました。そういや、1年以上前から有ったなコレ。
でも1レールも要らないし、千円出すなら日を改めて鈴商来るよーと思い、店員にこれ小売してくれませんか?と尋ねると、
「かなりお安くお出ししてます。」とつめたい。「2個くらいしか使わないので1レールも要らないんですよねー。何とか成りません?」と食い下がると、
「いえ、あそこにある二箱束になっているのが千円弱ですので、レール1本50円くらいだと思いますよ。」と。
値札の表示の仕方が悪すぎるよ広瀬・・・・。どう見てもレール1本千円だと思うべよ。
それじゃぁと言うことで、1本25個入りを50円で買ってきました。
>(なんでも間違って納品された物らしく、元手タダとかなんとか・・・。)
マルツで賞味期限切れの感光基板も手に入れて、準備は進みつつ・・・。
パターン図を描かないとな!さてどうなる!

平成24年2月6日 月曜日

TBSに続き文化放送までもが

Filed under: たわごと — とめくぎ @ 4:32:37

文化放送も5日の放送(6日明け方3時)をもってAMステレオ放送を終了してしまいました。
関東で残るはJOFLニッポン放送のみに・・・。

文化放送と去年辞めたTBSはAMステレオの装置をFLにくれてやれよ・・・。

とりあえず、シグナルジェネレータがあるので、所有しているチューナーを試すことは出来るけど、
チョクチョク聞くにはSGじゃデカくて面倒ですなぁ。
と思ったところ、自作でAMステレオの送信機を作成されているすごい人が!
http://amfmtx.web.fc2.com/index.html

これとradiko受信して再送するハードウェア作ったら幸せじゃね?(まちなさい
こちらの作者さんでは回路図やソース、パターン図まで公開下さってます。
これは作るしか!

平成24年1月26日 木曜日

メモリバックアップ用電池

Filed under: たわごと — とめくぎ @ 4:16:18

結構CPUを搭載した機器にはメモリやRTCのバックアップのための電池や電気二重層キャパシタが付いていると思います。

近年の装置ならば電気二重層キャパシタや、リチウムイオン電池が殆どでしょう。
ちょっと前の機械や一部の機械では結構ニッカド電池を搭載しているものもありますね。

ある装置についていたニッカド電池(ユアサ製 3-51FTという3.6V50mAhの電池)が吹いてました。
しばらく使用していなかったので、過放電で駄目になったようです。

早速換えの電池を買いに秋葉に行くと、GSユアサや三洋の電池が見当たりません。
千石はもちろん、稲電にも。どちらもニッカドの電池は置いてないみたいです。

代わりに目に付いたのがドイツのファルタ(VARTA)という会社のオレンジ色の電池。
そう。ニッケル水素なんですね。コレ。
三洋やGSの無いのか聞いたら、んーはっきりした返事は貰えませんでした。

帰ってから調べてみると、それもそのハズ。
ユアサはだいぶ前にニッカド電池を三洋と合弁の会社に移管していて、カドニカと合流していたのです。
しかも折の不況から、不採算だった合弁会社を解散。すなわち、三洋のカドニカもGSユアサのニッカドも同時に終了してしまったのでした。

あとニッカド電池も性能や環境負荷のために作っている会社が無く、同寸のニッケル水素電池を作っている
ドイツの会社の製品を仕入れるしかないようなのです。

トリクルとはいえ、ニッカドの回路にニッケル水素繋いでいいモンなのかな?
ああ、データシート見たら充電電流の違いで、満充電までの時間が長くなるだけだな。
元が50mAhの電池で充電電流0.1mA→80mAhの電池で0.16mAにしなくちゃ駄目な訳で、単に1.6倍時間が掛かるってだけだな。
と言うわけで、そのまま繋いでみよう。

平成24年1月22日 日曜日

LPCXPlessoを触ってみる

Filed under: たわごと — とめくぎ @ 2:16:29

mbedでネットへの接続が簡単に出来、ネットを経由した妄想が広がりまくりなんですが、どうもmbedの価格が5千円ちょっとと高く、ホイホイと使えない。

妄想的には個々の配電盤に置いて電力計測したり、遠隔地にばら撒いて気温や雨量とか計測したり、
VFDとセットで時計&Twitter表示機とかあるんですが、アイテムの値段の7割がmbedの値段になっちゃう。

もちろん価格相応のモノはあるんですが、同一のものを沢山置こうとすると、その価格がネックになってきますね。

んで、同じARM系CPUということでLPCXplessoを買ってきました。
mbedのLPC1768からちょっとパワーアップの LPC1769搭載!
これ
PHY搭載なのに安い!驚きの2500円!三千円でお釣り来ます。

駄菓子菓子!これ、CPUと一部のピンアサインがmbedと同じなだけで、一部のピン構成やLED、PHYが違うため
そのままmbed用にコンパイルしたバイナリでは使えない。

mbedの利点でもあるUSBフラッシュ書き込みなんてのも無い。専用のIDEを入れてそっから書き込む。
細長い基板の半分はLPC-Linkというライターな訳ですが、コレをウッカリ切り取っちゃうと、
LPC-LinkにCPUの電源である3.3Vのレギュレータが載っているので、5V繋いでもまったく動かない。
3.3Vを作って入れてあげないと駄目。

また、ちょっと日本語の情報が足らない。(他力本願ですみません)
uIPを使っているのでその辺のソースやら情報が使えると思うけど、まずuIPから勉強・・・となるとちょっと敷居が。

やっぱなんだかんだ言ってmbedは価格相応なのかもしれない。

追記>
ネットをプラプラ情報収集してたらスンバらしいもの発見。
MiMic 1.2.0 リリース
イーサーネットのドライバをmbedとLPCXpresso相互で自動認識するそうで、同じバイナリが動くそうです!><キタコレ

平成24年1月16日 月曜日

今年もよろしくお願いします

Filed under: たわごと — とめくぎ @ 13:01:35

あけましておめでとうございます。
だいぶ遅くなりましたが。

昨年は多難な年でしたが、今年は平穏な年にと願うばかりです。
今年はもうちょっと秋葉に行く回数が増えるといいな!

あと部品屋の数が減りませんように!

« 前のページ次のページ »

HTML convert time: 0.202 sec. Powered by WordPress ME